PR

GQ JAPAN GQ JAPAN

西海岸から伊リヴィエラ地方の美しい港町“ポルトフィーノ”へ! フェラーリ最新の2+2GTクーペ・スパイダー登場

Messenger

 2017年8月下旬に正式車名とモデル概要、そしてオフィシャルフォトがリリースされ、9月のフランクフルト・モーターショーにおいてワールドプレミアに供されたフェラーリのニューカマー「ポルトフィーノ」が、この219日に日本国内でも正式デビューを果たした。 

 「ポルトフィーノ」とは、フランスとの国境にほど近いイタリアはリグーリア州の高級リゾート地。その美しい港町から採ったネーミングだ。西海岸の名を冠した「カリフォルニアT」に代わる新たなクーペ・スパイダーの2+2シーターGTモデルである。

 2008年にデビューした「カリフォルニア」はV8エンジンをフロントに搭載したFRレイアウトによる22シーターのGTカーというフェラーリとしては初めてのタイプのモデルであった。また2ボックス・ファストバックの全天候型リトラクタブル・ハードトップ機構を備えて「ファストバック・クーペ&エレガント・スパイダー」と銘打つとともに、直噴ヘッドのエンジンやツインクラッチ式7速シーケンシャルトランスミッション、そしてアイドリングストップ機構付きなど、のちのフェラーリに搭載される新機軸を一挙に盛り込んだ意欲的なモデルでもあった。

 また、2014年には現代のダウンサイジング・トレンドに従って、V8エンジンを3.9?に縮小するとともにツインターボ化した「カリフォルニアT」へと進化を果たしたことは、まだ記憶に新しいところであろう。ポルトフィーノは、そうした基本的な成り立ちやコンセプトについてはカリフォルニアTを継承したといえるが、中身は別モデルというのがふさわしいほど大幅にブラッシュアップされているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ