産経ニュース

米マクドナルドが配布したおもちゃから放送禁止用語?

GQ JAPAN GQ JAPAN

記事詳細

更新


米マクドナルドが配布したおもちゃから放送禁止用語?

 子ども達に大人気の映画「怪盗グルー」シリーズ。その最新スピンオフ作品のPRで配られたミニオンのフィギュアが、お子様にはまだ早い言葉を口にしているように聞こえて……。

 Text: Masako Iwasaki 

 「怪盗グルー」シリーズのスピンオフ作品「ミニオンズ」の公開を間近に控え、米国ではさまざまなキャンペーンが展開中だ。マクドナルドではハッピーミール(日本で言うところのハッピーセット)のおまけに、喋るミニオンのフィギュアを付けている。テーブルに軽く打ちつけるなどの刺激を与えると、あらかじめプログラムされた音声データがランダムに再生されるというよくあるオモチャだが、その中にいわゆる「Fワード」に聞こえる言葉が含まれていることがわかり、問題視されている。

 The Hollywood Reporter誌によると、フロリダ州に住むブラッドリー・マートンさんは、孫がもらってきたミニオンが「What the f---!」と喋るのを聞き、慌てて取り上げた。「なんじゃこりゃ!」といったような意味のスラングで、オンラインチャットなどでもよく使われるが、Fワードを小さな子どもの耳には入れたくないと考えるのは当然だろう。

GQ JAPAN関連ニュース