メルセデス・ベンツS450に試乗 “新直6エンジン”にメルセデスのこだわりをみた - 産経ニュース

メルセデス・ベンツS450に試乗 “新直6エンジン”にメルセデスのこだわりをみた

 直6エンジンは6つのシリンダーが均等なタイミングで燃焼し、互いに振動を打ち消し合う“完全バランス”のエンジンとも呼ばれる、静粛性に優れかつスムーズな回転フィーリングが特長だ。かつてBMWの直6エンジンは、絹のような滑らかさから“シルキー・シックス”と形容されていたほどだ。
 しかし、エンジンルーム内に縦長に配置するため、クラッシャブルゾーンの確保が難しく、前方衝突時の安全性に課題があった。1997年、メルセデスは直6エンジンの生産を終了し、より小型化が可能なV型6気筒エンジンに置き換えた。
 20年の歳月はエンジン技術を進化させた。鍵となるのは近頃よく耳にする“電動化”だ。S450は車名にはうたっていないが、マイルドハイブリッドカーだ。直6エンジンとオートマティック変速機との間にスターターと発電機を兼ねたモーター&インバーター「ISG(Integrated Starter-Generator)」を配置している。ISGはエンジンの始動時やアイドルストップからの再始動時にはスターターとして働き、加速時にはエンジンをアシストする。また、エンジンにとっては、ISGがあるのでウォーターポンプやエアコンを駆動するためのベルト類が不要になる。結果、直6をV6エンジンなみに小型化することに成功した。メルセデスはこのユニットを、「先代V6エンジン比で約20%のCO2排出を削減し、出力は8気筒エンジンに匹敵、d15%以上向上し、燃費は4気筒エンジンと同等である」とうたう。
 じつはこのISGを使ったシステムは、スズキの「S−エネチャージ」と同様のものだ。最大の違いはスズキが従来からの12Vシステムであるのに対して、メルセデスは定格電圧を高度な制御が可能な48Vにしたこと。いま欧州メーカー各社は電気システムを12Vから48Vへと移行する開発を急いでおり、S450は48Vシステムを搭載した日本上陸第1号車というわけだ。
 ISGの効果は絶大で、エンジン始動時のぶるるんという振動がほとんどない。アイドルストップからの再始動も実にスムーズだ。アイドリング回転数もおよそ500回転でぴたっと安定しており、エンジンがかかっていることを忘れてしまうほどだ。
 V8エンジンを搭載するS560と比較試乗したが、スタート時の力強さは明らかにS450が上回っている。モーターのアシスト効果によってほとんどエンジン音がすることなしに瞬時にトルクが立ち上がるのだ。まるで電気自動車のようだった。
 加速もV8エンジンになんら遜色ない。新型直6エンジンは、ターボとスーパーチャージャーの2つの過給機を載せている。ターボが働きにくい低回転域では48Vの電力をいかしたスーパーチャージャーがエンジンの応答性を高める。そして中~高回転域はツインスクロール式ターボが稼働して、大パワーを発揮する。希少な直6エンジンというだけでなく、それにモーター、スーパーチャージャー、ターボがかかっくる豪華さだ。
 直6エンジンならではの滑らかさ吹け上がりは感動ものだ。V8エンジンを搭載するS560よりもエンジンがコンパクトなこともあって鼻先がとても軽く感じられた。ステアリング操作に対して車両は正確に反応し、可変ダンパーとエアサスペンションを組み合わせたAIRマティックサスペンションはひたひたと路面を追従するので乗り心地も素晴らしい。高速道路ではドライブモードを「ECO」に設定すると積極的にコースティングする。ひとたびモードを「SPORT」にすれば、車体の大きなSクラスであることを忘れてしまうくらい人車一体の走行感覚が味わえた。
 メルセデスでは、今後のパワートレイン戦略において、EVを「EQ」、プラグインハイブリッドを「EQ Power」、F1のハイブリッド技術を「EQ Power+(プラス)」と呼ぶ。電動化を積極的に進めていく一方で、ISG搭載モデルはあえて48Vマイルドハイブリッドとは呼ばず、あくまでガソリンエンジンの1つとして開発を続けていくという。1886年、カール・ベンツが世界初のガソリン自動車を発明して以来、130年を超えてなお内燃機関をあきらめない。この直6エンジンにはメルセデス・ベンツの矜持を感じるのだ。