準備に1年 チャーチル演じた労働階級の”英雄”、ゲイリー・オールドマンの怪演に注目

 

 ジョン・レノンがかつて歌にしたワーキング・クラス・ヒーロー。ビートルズや花形サッカー選手など、労働階級出身の英雄を指す言葉だ。英国の演劇・映画界において、この言葉にぴったり当てはまるのがゲイリー・オールドマンだろう。彼の最新作は『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』。

チャーチル元英首相を演じるゲイリー・オールドマンさん

 「チャーチルはイギリス人にとって特別な存在です。けた違いに重要な歴史的人物を演じるということに難しさを感じたし、過去において多くの俳優が彼を演じてきたので、最初はこの役を引き受けるのに躊躇しました」と告白する。

 南ロンドンの下町育ち。労働者階級出身のゲイリーは、80年代『シド・アンド・ナンシー』や『プリック・アップ』『ザ・ファーム』などで労働者階級の若者を演じ、長編映画の世界でブレイクした。そんな彼が、貴族で代々政治家の血筋を引く英国首相のチャーチルを演じる。

 「リサーチを始めると、触発され、エネルギーが湧いてきました。チャーチルは超人のような人物です。演説すべてを自分で書いたことは周知の事実ですし、本も50冊以上も執筆しています。政治のほかに著述はもちろん、絵も一流でした。なにより、作家としてノーベル文学賞も受賞しているのです。彼の驚くべき業績に圧倒されざるを得ませんでした」

 準備には1年を費やした。上流階級の英語を身につけ、スレンダーな彼が肉体的にも(特殊メイクの力をかりて)変身して、小太りのチャーチルになった。そこには、米アカデミー賞のメイクアップ部門にノミネートされた辻一弘さんの介在がある。

 「映画業界から引退して彫刻に専念している辻さんに、仕事を引き受けてもらえるように説得しました。僕とチャーチルの体形を比べてみた彼は、できるかどうかわからないと言いました。でも、そんなことはなかったということは、映画を観ていただければわかります。自分なりのチャーチル像を創り出すことができたのではないか、と思っています。これまでにほかの人が演じたチャーチルは、ほとんどがシリアスなだけの政治家のようでしたが、今回はちょっとちがっているはずですよ」と、ゲイリーは語る。

 彼の演じるチャーチルは観客の目を奪うリアルさなのだ。

英国首相を演じた労働階級の”英雄”、ゲイリー・オールドマン

 『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』

 時は第2次世界大戦下の1940年5月。ナチス・ドイツの進撃のまえに連合国軍はダンケルクの海岸にまで追い詰められ、絶体絶命の窮地に立たされていた。そんな状況に対処する英国首相チャーチルの4週間を描く。3月30日(金)全国公開。

 PROFILE:

 Gary Oldman

 俳優

 1958年英国、ロンドン生まれの俳優。演劇学校を卒業し、ロイヤル・コート・シアターに参加。’86年『シド・アンド・ナンシー』で映画デビュー。その後、『ドラキュラ』『レオン』に出演。『裏切りのサーカス』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。