産経ニュース

ガンダムやタイムボカン…メカニックデザイン確立の大河原邦男展、滋賀・佐川美術館で来月17日から

ニュース

ガンダムやタイムボカン…メカニックデザイン確立の大河原邦男展、滋賀・佐川美術館で来月17日から

更新 okt1603120001
大河原邦男氏 大河原邦男氏
劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』ポスター用イラスト 1981年 (C)創通・サンライズ
画像を拡大する
劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』ポスター用イラスト 1981年 (C)創通・サンライズフルスクリーンで見る 閉じる

 テレビアニメ「機動戦士ガンダム」や「タイムボカンシリーズ」などで魅力的なメカを世に送り出したメカニックデザイナー、大河原邦男さんの業績を紹介する展覧会が4月17日から滋賀県守山市の佐川美術館で開催される。アニメーション作品における「メカニックデザイン」という職種を確立した第一人者の多岐にわたる仕事を一望できる。

 昨年8月に東京・上野の森美術館で開催した「メカニックデザイナー 大河原邦男展」の巡回開催。敵メカを担当した「科学忍者隊ガッチャマン」(昭和47年)から、「ヤッターマン」(平成20年、読売テレビ版)など直近の作品まで、設定資料やポスター原画、映像資料などを交えて紹介する。ガンダムなどのデザイン決定前の初期稿も展示される。

 会場では「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(16年)に登場した「ストライクフリーダムガンダム」の展覧会限定ガンプラも販売する。

 会期は6月16日まで。入館料は一般千円、高大生600円。問い合わせは同館((電)077・585・7800)まで。

 大河原邦男(おおかわら・くにお) 昭和22年、東京都生まれ、68歳。東京造形大学を卒業後、大手アパレルメーカー勤務などを経て昭和47年にタツノコプロに入社。同年放送された「科学忍者隊ガッチャマン」で初めて担当したメカのデザインが高く評価され、その後はメカ専門のデザイナーに。

 昭和53年にフリーとなり、翌年放送された「機動戦士ガンダム」で手掛けたガンダムやザクなどのモビルスーツ(ロボット兵器)は空前の人気を集めるとともに、プラモデルなど商品化されて大ヒット。メカニックデザイナーという職業を日本で確立した。

 ガンダムや「太陽の牙ダグラム」などリアル志向のほか、「ヤッターマン」「逆転イッパツマン」など「タイムボカンシリーズ」のユーモラスなデザインのメカまでデザインの幅は広い。

 近年ではアニメーションの仕事のほか、東京都稲城市のマスコットキャラクター「稲城なしのすけ」や未来型の超小型モビリティー「machina(マキナ)」のデザイン、海外からのフィギュアデザインのオファーを受けるなど、国内外で精力的に活動。平成23年、長年にわたる業績が評価され文化庁メディア芸術祭功労賞を受賞した。

大河原邦男展限定ガンプラ「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」。塗装などしなくても完成度は高い(c)創通・サンライズ
画像を拡大する
大河原邦男展限定ガンプラ「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」。塗装などしなくても完成度は高い(c)創通・サンライズフルスクリーンで見る 閉じる
組み立てられた展覧会限定販売の「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」(c)創通・サンライズ
画像を拡大する
組み立てられた展覧会限定販売の「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」(c)創通・サンライズフルスクリーンで見る 閉じる
PR