PR

ニュース その他

知事、和歌山市の飲食店に時短要請 5月9日まで

和歌山市の飲食店に午後9時までの営業時間短縮を要請する仁坂吉伸知事=和歌山県庁
和歌山市の飲食店に午後9時までの営業時間短縮を要請する仁坂吉伸知事=和歌山県庁

 新型コロナウイルス感染対策として、和歌山県の仁坂吉伸知事が22日、和歌山市の飲食店に対して要請した午後9時までの営業時間短縮。現時点では地方自治法に基づく協力の呼びかけだが、今後は「蔓延(まんえん)防止等重点措置」適用なども視野に、政府と協議を進める方針。重点措置が適用されれば、飲食店への協力金などを出すことが可能になり、より感染対策の実効性が高まるとみている。

 仁坂知事は会見で、和歌山市の飲食店に時短要請する意義について、「大阪府から(自粛を)かいくぐって和歌山に来る人がいる」とした上で、「そこから感染が広がらないよう予防的にやりたい」と説明した。

 和歌山市以外の市町村の飲食店への時短要請については、「今のところ考えられないが、(大阪からの越境飲食などの)実態があればやる」と今後の動向次第で含みを持たせた。

 今回の和歌山市の飲食店への要請期間は、ゴールデンウイークの期間を含む5月9日までとし、県全域の県民に不要不急の外出自粛を呼びかけている期間と合わせた。

 今後の政府との協議で、蔓延防止等重点措置が適用された場合、協力した飲食店には国の財源で協力金を出せるが、具体的な額について県は、県単独の積み増し分も含めて「検討を進める」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ