PR

ニュース その他

「蔓延防止」感染拡大で急展開 吉村知事、会議前倒しし検討

大阪府庁で記者団の質問に答える吉村洋文知事
大阪府庁で記者団の質問に答える吉村洋文知事

 大阪府が31日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく蔓延(まんえん)防止等重点措置の要請に踏み切った。府の対策本部会議を当初の予定から急遽(きゅうきょ)前倒しして下した今回の決断。背景にあるのは「過去最大ペース」(府幹部)の感染急拡大だ。

大臣への電話

 「感染の山をできるだけ抑えていくため、大阪市内中心に集中的な対策を取る必要がある」。吉村洋文知事は31日の会議後、記者団にこう述べた。会議では第3波を上回る速度で感染が急拡大していることが報告され、「20~30代の感染者が急増していて60代以上への感染拡大が避けられない」などとの指摘が上がり、要請が決まった。

 実は府は前日の30日夕時点で、4月1日午後に対策本部会議を開き、重点措置の要請を決定する方針だった。しかし30日に東京を上回る432人の感染が確認され、31日には500人に達する見通しとの報告を受けた吉村氏は、幹部に「前倒しできないか」と調整を指示。31日の開催が決まった。

 これまで慎重姿勢だった国の対応の変化も影響した。ある府幹部は「30日夜になって重点措置の適用を前向きに検討してもらえる感触を得た」と明かす。

 ここ数日の感染急拡大に伴い、府の対応は急展開していた。26日に飲食店への営業時間短縮要請の期限延長などを決めると、わずか2日後の28日夜、吉村氏は西村康稔(やすとし)経済再生担当相に電話をかけ、「重点措置の適用を申請したい」と伝えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ