PR

ニュース その他

産経ニュースが生まれ変わりました

Messenger
白を基調に生まれ変わった産経ニュース
白を基調に生まれ変わった産経ニュース

 産経ニュースは10月15日、デザインを一新しました。白を基調とし、見出しの文字も大きくなった新しいページは、記事と写真が自然と目に入ってくるようにデザインされています。より落ち着いた画面で、ゆっくりと記事を読んでいただけるようになりました。

新タイトルバー

 新しいタイトルバーはシンプルなデザインに変わりました。従来のメニューバーは左端のメニューボタンに集約されました。ボタンをクリックすれば、選択画面が全体に広がります。記事検索もこちらからできます。

 一新された題字は「産経新聞」の横に「THE SANKEI NEWS」の文字を施しました。クリックやタップするとトップページに戻る機能があります。

新しくなった産経ニュースのトップページ
新しくなった産経ニュースのトップページ

 メニューボタンの下部には「速報」「産経抄」「正論」「浪速風」の記事へのリンクがあります。速報は直近の記事を時間の流れにそって読むことができます。その右には、特集ページへのリンクを置きました。話題のテーマの記事をまとめて読むことができます。

トップニュース

 パソコン版の画面中央にトップニュースを掲出しました。これまでよりも写真を大きく、見出しの文字も大きくなりました。重要なニュース速報や背景、意義付けを加えた解説記事などをバランスよく掲載します。

きょうの出来事

 直近に起きた、知っておきたいニュースをまとめてチェックできるコーナーです。政治、経済、社会…さまざまなニュースが飛び込んできます。

読み解く

 起きたばかりの出来事や、動きの激しいニュースだけではありません。最前線の記者やベテラン記者が取材と知見をフルに活用して書いた解説記事を掲載する新コーナーです。ゆっくりと時間をかけて読んでいただきたい記事を厳選しました。

記事ページ

 トップページと同様、写真を大きく掲載しました。見出しの文字も大きくなり、以前よりもゆったり読めるページになりました。気になった記事はツイッターやフェイスブックといったソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿しやすいよう、ボタンも大きく配置しています。友人、知人とのコミュニケーションにもご活用ください。

特集ページ

 注目のテーマに関する記事を集めた特集ページも新しくなりました。数多い関連続報を並べるのではなく、注目度の高い記事をえりすぐって掲載します。「この出来事の発端は?」「このテーマについて深く知りたい」という要望に、最適のソリューションでお応えします。一連の会見速報、試合速報も一覧となって整理されます。

知りたいテーマをしっかり読める-。新しい特集ページ
知りたいテーマをしっかり読める-。新しい特集ページ

 読みやすくなった新しい産経ニュースにご期待ください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ