PR

エンタメ エンタメ

鬼滅、初の400億円突破 全世界興収は517億円

 映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」より((c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)
 映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」より((c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

 昨年、社会現象化し映画の国内興行収入記録を塗り替えたアニメ「劇場版『鬼滅(きめつ)の刃』無限列車編」の興収が23日までで400億1千万円に達したと配給元の東宝とアニプレックスが24日発表した。400億円を超えた作品は史上初めて。

 4月23日に公開となった米国では今月21日までで興収47億円を超えるなど、日本を含む全世界の興収総額は約517億円を記録しているという。

 「鬼滅」は昨年10月に公開され、史上最速の公開10日間で興収100億円を突破。その後も驚異的なスピードで記録を更新し、公開72日間の12月26日時点で321億2千万円となり、「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)の316億8千万円を超えて歴代1位となった。

 異例のロングラン上映で公開から今月に至るまで10位以内に入り続けてきた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ