PR

エンタメ エンタメ

俳優の田村正和さん死去、77歳 「古畑任三郎」シリーズ

田村正和さん=2014年01月09日
田村正和さん=2014年01月09日
その他の写真を見る(1/2枚)

 ドラマ「古畑任三郎」シリーズなどでニヒルな二枚目役として人気があった俳優、田村正和(たむら・まさかず)さんが4月3日、心不全のため死去したことが18日、分かった。77歳だった。葬儀・告別式は親族で行った。喪主は妻、和枝(かずえ)さん。

 京都市出身。歌舞伎や映画で活躍した阪東妻三郎さんの三男で、兄の高廣さん、弟の亮さんも俳優。昭和35年、松竹映画「旗本愚連隊」に脇役として出演し、36年に木下恵介監督の「永遠の人」で本格デビュー。フリーとなった後はテレビドラマ中心に活躍し、「眠狂四郎」(47年)などでクールな二枚目を演じる一方、「うちの子にかぎって」(59年)、「パパはニュースキャスター」(62年)ではコミカルな役にも挑戦。「ニューヨーク恋物語」(63年)などトレンディードラマにも主演し、独特の口調とニヒルさで人気者となった。

 平成6年に始まった「警部補・古畑任三郎」は、「和製刑事コロンボ」と呼ばれて当たり役となり、シリーズ化されて18年まで断続的に続いた。舞台でも「乾いて候」などに出演した。21年の「そうか、もう君はいないのか」では、モンテカルロ・テレビ祭単発ドラマ部門で最優秀男優賞を受賞。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ