PR

エンタメ エンタメ

南キャン山里、6年ぶりG帯復活“リアルスコープ”に感動

少年のように映像を楽しんだ山里亮太(左)と礼二。中央は朝日奈央(C)フジテレビ
少年のように映像を楽しんだ山里亮太(左)と礼二。中央は朝日奈央(C)フジテレビ

 “大人の社会科見学”をコンセプトにしたバラエティー番組「潜入!リアルスコープ」(4日後7・0、フジテレビ系)が6年ぶりに地上波ゴールデン帯に帰ってくる。

 特殊潜入メカ「リアルスコープ」が秘密の工場や謎の施設などあらゆる世界に潜入。気になる人やモノ、場所をズームアップしていく。2009年1月に深夜枠で初放送され、レギュラー番組は11年4月から15年3月まで土曜午後7時枠で放送されていた。

 今回は次世代新幹線、大ヒットの冷凍商品、国民的お菓子、視聴率など“令和の進化”にも初潜入するスペシャルな内容となっている。

 特に、JR東日本が現在開発中の次世代新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」は、国内最速の最高時速400キロで走行可能。東京と札幌が4時間半で結ばれる日も夢ではなくなるかもしれないという。

 バラエティー番組で初めてその開発現場、さらに運転席への取材も許可された貴重な潜入映像に、スタジオの山里亮太(南海キャンディーズ)は「なぜここまで許してくれるの?」と驚き、熱烈な鉄道ファンで知られる礼二(中川家)も「まだ生で見たことがない」と興奮しきり。“音声解説”的ナビゲートとモノマネも披露するサービスぶりだった。

 収録後も山里は「番組のこれまでの信頼と実績からなのか、いろいろなところまで見せてもらった。すごい」と感動の面持ち。隣の岡部大(ハナコ)も「いつも冷凍食品にお世話になっているので、おいしさの秘密を知ることができてうれしかった。テンションが上がった」と喜んだ。

 家族そろって楽しめる番組。「お家にいながらいろいろな工場見学をして親子で勉強にもなる。でも堅苦しくなく、ただただ笑って、いつの間にか知識が入っているという番組」と山里はPRした。

 出演は朝日奈央、井上咲楽ら。

 なお、“リアルスコープ”は同局が展開する「クセバラWEEK」(3~9日)の対象番組となっている。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ