PR

エンタメ エンタメ

退所相次ぐジャニーズアイドル SMAP、少年隊、TOKIO

東京・赤坂のジャニーズ事務所(戸加里真司撮影) 
東京・赤坂のジャニーズ事務所(戸加里真司撮影) 

 ジャニーズ事務所では近年、長年活動してきた著名なアイドルが退所する例が相次いでいる。

 平成29年には、「SMAP」の稲垣吾郎さん(47)、草●(=弓へんに剪)剛さん(46)、香取慎吾さん(44)が退所。3人は現在、「新しい地図」として芸能活動を続ける。「SMAP」のメンバーでは、中居正広さん(48)も令和2年にジャニーズ事務所を退所した。

 平成30年には、「TOKIO」の山口達也さん(49)が、不祥事によりジャニーズ事務所から無期限謹慎処分を受け、その後退所。「関ジャニ∞」の渋谷すばるさん(39)も同年、事務所を退所し、現在はシンガーソングライターとして活動する。

 「関ジャニ∞」では翌年、錦戸亮さん(36)も退所。錦戸さんが一時期、「関ジャニ∞」と掛け持ちで活動していた「NEWS」では、手越祐也さん(33)が令和2年に事務所を退所している。

 令和元年7月には、事務所の創業者であるジャニー喜多川さんが死去。その後、「NEWS」の元メンバーでソロで活動していた山下智久さん(36)や「少年隊」の錦織一清さん(55)、植草克秀さん(54)、「TOKIO」の長瀬智也さん(42)らの退所が相次いでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ