PR

エンタメ エンタメ

春の「連ドラ」レビュー GWのおうち時間 「配信」で追っかけ容易に

 新型コロナウイルス禍で東京など4都府県で緊急事態宣言が発出され、遠出もしにくい大型連休を迎えている。自宅で楽しむエンターテインメントの王様はやはりテレビだろう。地上波各局で主にゴールデンタイムに放送されている連続ドラマをレビューする(放送日時は在京キー局)。

 コロナ禍が長引く中で連続ドラマはよく見られており、昨年の年間総合視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でも、上位15位までにドラマ作品は6本もランクイン。過去の名作ドラマが多く再放送されたことで、ドラマの面白さが再確認されたとの見方もある。

 4月スタートのドラマはまだ始まったばかり。大型連休にこれまでの放送分を一気に見て、追いつくことも簡単だ。NHK大河ドラマをはじめとする歴史もののほか、受験や教育、青春時代の群像劇、離婚後の生活…など、最新の世相を取り入れた幅広いラインアップ。年代を問わず、楽しいドラマが見つかるはずだ。

 テレビで放送が終了した番組の多くは放映から1週間程度、インターネットのサービスで無料で見ることができる。NHKは「NHKプラス」(受信契約者対象で申し込み手続きが必要)、民放なら「TVer(ティーバー)」で見逃し配信を行っている。

 いずれも、ネット上のページを閲覧するブラウザ(マイクロソフトのエッジやグーグルのクロームなど)で見られる。スマートフォンやタブレットの場合は、専用アプリでも楽しめる。

 さらに過去の番組を見たい場合は、Hulu(フールー)やTELASA(テラサ)、Paravi(パラビ)、FOD、NHKオンデマンドなど有料サービスの出番となる。視聴したい番組が提供されているか、しっかり確認してほしい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ