PR

エンタメ エンタメ

石橋貴明主催伝説のコーナー復活 フジ6年ぶり大型お笑い特番スタート

総合MCの川島明(右から2人目)と白石麻衣。番組を盛り上げる千鳥(C)フジテレビ
総合MCの川島明(右から2人目)と白石麻衣。番組を盛り上げる千鳥(C)フジテレビ

 フジテレビが6年ぶりに放送する大型お笑い特番「お笑いオムニバスGP(グランプリ)」(5月9日放送、後7・0)で石橋貴明主催の伝説のコーナーが復活する。

 番組は、あらゆるジャンルのお笑いNo.1を決める大会をオムニバス形式で見せる新たな総合バラエティーで、2015年からスタートした「ENGEIグランドスラム」以来の大型特番始動となる。

 その記念すべき第1弾として、かつて「とんねるずのみなさんのおかげでした」で大好評を博したコーナー“ものまね選手権”がアップデートして復活。ものまねの名手たちが一堂に会し、大ヒット曲「2億4千万の瞳」のメロディーに乗せ、さまざまな有名人のものまねをメドレーで披露する。

 審査委員長・石橋のもと、タイトルも新たに「2億4千万のものまねメドレーGP」。神奈月、原口あきまさ、山本高広ら歴代の常連メンバーからA.B.C-Zの河合郁人ら初参戦組まで全10組のものまね名人が今回エントリーした。さて、石橋を最も笑わせ、栄冠を手にするのは?

 コーナーMCは、おぎやはぎが担当。総合MCの川島明(麒麟)、白石麻衣、お笑い見届け人の千鳥(大悟、ノブ)も審査員として参加する。

 ほかに、ジャンル不問のネタを次々と披露する「バク速-1GP」、ドッキリを仕掛けられた芸人たちが“ツッコミ力”を競い合う「ドッキリツッコミGP」の2大企画が用意されている。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ