PR

エンタメ エンタメ

【長野放送・アナウンサーコラム】小宮山瑞季「春の美しさ、再認識」

小宮山瑞季アナ
小宮山瑞季アナ

 まもなく5月。最近ぽかぽかした陽気が続き、初夏の訪れを感じています。空からまっすぐに伸びる暖かな日差しと、すがすがしい風。外に出て思い切り深呼吸したくなるような初夏の雰囲気が大好きです。

 さて、この春、ニュースの取材で高山村にある坪井のしだれ桜を見に行きました。信州高山五大桜の一つで、樹齢は推定600年。一本桜で、その幹の太さや、懸命に花を咲かせている姿は圧巻。歴史と生命力を感じる桜でした。

 思い返せば、去年の春は新型コロナウイルスの影響で、花を見ることも外食をすることも、我慢。「春」を感じることなく、ひたすら未知のウイルスの恐怖と闘っていました。

 コロナの脅威はいまも続いていますが、今年は少し「春」を身近に感じることができ、その美しさを再認識することができました。季節のものを見たり感じたりすることで、パワーをもらえたり、大げさかもしれませんが「生きていること」を実感できたりするものです。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ