PR

エンタメ エンタメ

アニソン歌手、水木一郎さん、ささきいさおさん 菊池俊輔氏の死を悼む

菊池俊輔さん
菊池俊輔さん

 テレビ番組の主題歌や伴奏音楽(劇伴)を多く作曲し、24日に89歳で亡くなった作曲家、菊池俊輔さんの死を悼み、菊池さん作曲のテレビ主題歌を数多く歌った水木一郎さんとささきいさおさんが、菊池さんの死を悼むコメントを寄せた。

 水木さんは「バビル2世」や「仮面ライダーストロンガーのうた」、ささきさんは「宇宙鉄人キョーダイン」「UFOロボ グレンダイザー」など、数多くの菊池さんの曲を歌った。

 水木さん、ささきさんのコメントは以下の通り。

 水木一郎さん「はじめて雄叫びをした『超人バロム・1』、風邪をひいて叱られた『バビル2世』、別名で歌った『侍ジャイアンツ』、コミカルな一面を引き出してくれた『がんばれ!!ロボコン』、漢(おとこ)の哀愁を深く感じた『仮面ライダー』シリーズなど、数えきれないほどの番組の主題歌を歌わせていただき、その時の光景が今も目に浮かびます。菊池俊輔先生、ありがとうございました。安らかにお休みください」

 ささきいさおさん「『新造人間キャシャーン』の候補に上がった時、『和製プレスリー』時代の僕は歌がヘタだったので先生は余り乗り気ではなかったそうです。テストの歌唱を聞いて上手くなっていたのでOKを頂きました。それからは『ゲッターロボ』を始め『グレンダイザー』、先生が作曲されるロボット物を次から次に歌唱させて頂きました。先生が音楽を担当していらした『Gメン’75』のヨーロッパロケではダジャレを言い合いながら旅行をしたのが楽しい思い出です。しばらくお会いしていませんでしたが、ご冥福ををお祈り致します」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ