PR

エンタメ エンタメ

藤井フミヤ、フジで29年ぶり「Song for U.S.A.」

藤井フミヤ(中央)、藤井尚之、ジャニーズWESTのスペシャルコラボが実現(C)フジテレビ
藤井フミヤ(中央)、藤井尚之、ジャニーズWESTのスペシャルコラボが実現(C)フジテレビ

 元チェッカーズのボーカルで歌手、藤井フミヤ(58)とサックスプレイヤーの藤井尚之(56)兄弟が、5月8日放送の音楽番組「MUSIC FAIR」(土曜後6・0)に出演。フミヤが名曲「Song for U.S.A.」をフジテレビで29年ぶりに歌うことが28日、分かった。

 フミヤと尚之は、チェッカーズのデビュー曲「ギザギザハートの子守唄」(1983年)に続き、「Song-」をゲストのジャニーズWESTとのスペシャルコラボで披露する。

 色あせることがない名曲メドレーとともに、今回のトークテーマは「幸せの瞬間」。チェッカーズ時代のあるエピソードについても語る。

 ジャニーズWESTは、あいみょん詞・曲の新曲「サムシング・ニュー」(5月5日発売予定)を歌う。ウエディングがテーマの楽曲で、トークではメンバーの藤井流星が幸せの瞬間を感じるある食べ物について熱く語る。MCの仲間由紀恵は「食べたことがない」と興味津々の様子で、やがて爆笑トークに発展していく。

 ほかに、声優で歌手の内田雄馬は「Comin’Back」、櫻坂46は「BAN」。それぞれ発売中の新曲を歌とダンスで魅了する。(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ