PR

エンタメ エンタメ

「BLUE/ブルー」9日公開 人生の青コーナーに立つということ 東出昌大

 なるほど、瓜田たちは誰も完全な勝者にはなれないが、懸命に生きた結果、ほんの少し優しくなって人生をわずかに前進させる。

 「この映画は、ひなたぼっこの気分で見ていただくと、一番多くのものを持って帰っていただけるかもしれません」

 主演の松山が「役者は、ずっと青コーナーに立っている」といったという。「ぼくも、青コーナーにいることを楽しめれば」と東出。人生には、青コーナーしかないのかもしれない。

 〈ひがしで・まさひろ〉 昭和63年生まれ、埼玉県出身。モデルとして活動後、平成24年に映画「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビュー。主演作「寝ても覚めても」はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品。出演作「スパイの妻」はベネチア国際映画祭で銀獅子賞。7月に出演作「峠 最後のサムライ」が公開予定。

 「BLUE/ブルー」は9日から東京・丸の内TOEI、大阪・梅田ブルク7などで全国公開。1時間47分。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ