PR

エンタメ エンタメ

コロナ「リーマンの比ではなかった」民放キー局会見 小倉智昭さん、長瀬智也さんへの惜別も

 フジテレビの遠藤龍之介社長「ドラマやバラエティー、スポーツや映画、アニメなどのコンテンツを通して、希望を表現し続けるのは今日のような困難なときこそ大事ではないかと考えていて、コロナ禍の制作現場はより一層その意識のもと番組制作を継続してくれたものと考えている。イベント事業でもスタッフのさまざまな工夫によって感染対策に配慮しながらイベント開催ができるようになっていて、今後も社員には明るさを失うことなく挑戦を続けていってほしい」

引退の長瀬さんに「行動力で支えていただいた」

 《ちょうど4月改編にかかる時期に行われた会見のため、3月に終了した番組についても言及があった。フジテレビの遠藤社長は、朝の情報番組「とくダネ!」で長く司会を務めた小倉智昭さんへのメッセージを語った》

 遠藤社長「始まったのは1999(平成11)年の春改編で、20世紀から続いている情報番組が21世紀でも続くのは本当に稀有(けう)なことだったと思う。小倉さんは人々の気づかない視点とか、胸の中にあってどう表現したらいいのか分からない感情とかを代弁してくださった希代のキャスターだと思う」

 《人気アイドルグループ「TOKIO」の長瀬智也さんが3月いっぱいで所属事務所を退所し、芸能界から引退した。TOKIOが出演している「ザ!鉄腕!DASH!!」を放送する日本テレビの会見では、小杉社長が長瀬さんに対する思いを語った》

 小杉社長「TOKIOの中では最年少の長瀬さんが肉体派で、その行動力で非常に支えていただいたと思う。もちろん去られることは非常に寂しいが、残ったTOKIOの皆さんで、あと鉄腕ダッシュの精神に賛同していただける出演者の皆さんとともに精神は永遠に続くと思っている」

 《テレビ東京では、バラエティー番組「ゴッドタン」などを手がけるほか、他局の番組にも出演するなど名物プロデューサーとして知られた佐久間宣行(のぶゆき)氏が3月末に退社した。石川社長は会見で、佐久間氏へのエールを送った》

 石川社長「ちょっと残念だけど、本人の意思が固いということで、今月末でお辞めになる。佐久間さんにはいろんな番組をやってもらっていて、(関係は)今後も続いていく。テレビ東京との関係は維持しつつ、ぜひ佐久間さんが一段と大きないい仕事をされることを期待している」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ