PR

エンタメ エンタメ

脚本家の橋田壽賀子さん死去「おしん」「春日局」「渡る世間は鬼ばかり」 95歳

脚本家の橋田壽賀子さん
脚本家の橋田壽賀子さん

 テレビ史に残る「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」など人気テレビドラマを手掛けた脚本家の橋田壽賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎壽賀子=いわさき・すがこ)さんが4日、急性リンパ腫で死去した。95歳。

 激動の時代を生き抜く女性を主人公にしたNHK連続テレビ小説「おしん」は高視聴率を記録、海外でも評判となった。「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)は長寿シリーズとして人気を集めるなど、女性の立場から世間をとらえた数々の人気ドラマで、脚本家として不動の人気を得た。

 他に、NHK「となりの芝生」や、大河ドラマ「おんな太閤記」などの話題作を執筆した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ