PR

エンタメ エンタメ

【シネマプレビュー】戦国アクション「ブレイブ-群青戦記-」ほか3本

映画「ブレイブ -群青戦記-」のイメージ写真(C)2021「ブレイブ -群青戦記-」製作委員会(C)笠原真樹/集英社
映画「ブレイブ -群青戦記-」のイメージ写真(C)2021「ブレイブ -群青戦記-」製作委員会(C)笠原真樹/集英社
その他の写真を見る(1/4枚)

 公開中~公開間近の作品から、文化部映画担当の編集委員がピックアップした「シネマプレビュー」をお届けします。

「ブレイブ-群青戦記-」

 高校が敷地ごと突然、桶狭間の戦い前夜にタイムスリップ。級友が足軽隊にさらわれた。救出のため弓道、剣道、アメフト…各部の部員が敵陣に乗り込む。

 主演は新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)。千葉真一の長男だ。千葉は、タイムスリップした自衛隊が川中島の戦いに加わる「戦国自衛隊」(昭和54年)に主演。父子そろって現代から戦国時代へ時空を超えた。

 漫画が原作。若者向けの活劇だ。冒頭、校内になだれ込んだ足軽隊が容赦なく生徒を襲う。戦国時代の怖さをいや応なく見せつけるが、流行のゾンビものの要素を加味したい狙いもありそう。校舎の上に垂れ込める暗雲など、かつての角川映画を思い出すが、中身はいたって当世風だ。監督は、「踊る大捜査線」シリーズなどの本広克行。

 新田が演じる主人公が煮え切らない性格なのも今風だが、同時にラストにつながる重要な伏線にもなっている。三浦春馬は、誠実な松平元康が似合っている。主演作「天外者(てんがらもん)」の五代友厚よりさらにまっすぐの人物として演じ、生徒たちに命の尊さを説く。

 12日から東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田などで全国公開。1時間55分。(健)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ