PR

エンタメ エンタメ

池脇千鶴主演「その女、ジルバ」6話再放送決定 地震で急きょ時間変更

再放送が決まった6話の1シーン。池脇千鶴と品川徹(C)東海テレビ
再放送が決まった6話の1シーン。池脇千鶴と品川徹(C)東海テレビ
その他の写真を見る(1/2枚)

 池脇千鶴主演のオトナの土ドラ「その女、ジルバ」(土曜後11・40、東海テレビ・フジテレビ系)第6話は、13日深夜に発生した福島県沖を震源とする地震で、急きょ地震関連ニュースを伝えたため時間を繰り下げて放送したが、このほど再放送を決めた。

 フジは19日午後2時45分、関西テレビは同午後3時45分、東海は20日午後4時からそれぞれオンエア。ほか系列局計16局で再放送される。

 現在、第1~6話をFOD/Tverで20日午後11時40分まで無料配信中。ドラマは、40歳の主人公・笛吹新(池脇)が超高齢熟女BARに飛び込み、熟女ホステスたちの刺激を受けながら前向きに人生を歩み始める物語。

 13日放送分の6話は、年末の繁忙期になり新が働く倉庫は大忙しの一方、BARでは毎年恒例のクリスマスパーティーの準備が進んでいた。長い独り身に慣れきったスミレ(江口のりこ)らがそれぞれの思いを胸に迎えるクリスマス当日。店の前に謎の男・白浜(竹財輝之助)の姿が…。

 新を中心にそれぞれの幸せを模索しながら生きるリアルな女性の姿が好評を得ている作品。新が回を追うごとに輝きを増す姿にも注目が集まっている。

 20日放送の7話では、大きな影響を与える白浜が本格的に登場するが、実力派の竹財がドラマの魅力を語った。

 「僕も主人公の新と同じ40歳。つい年齢を言うことが多くなったが、そんなことを気にするのがバカらしくなるような作品。お姉さま方の力強いセリフが印象に残り、背中を押してくれるせりふも多く、それぞれの生きざまを感じる。コロナ禍のストレスも多いが“頑張ろう”“この先楽しいことがありそうだな”と思わせてくれるドラマ」

 共演した池脇については「すばらしい俳優さん」と絶賛し、新そのものに圧倒されたという。自身も「キャリアを積んで仕事ができるようになってきた一方で、体力は落ちていくような反比例を感じる年代。それもあって10キロ近く体重を落とした。よく動けるようになって調子がいい」と体力維持を欠かさない。

 転機となった作品を「仮面ライダー剣」(2004~05年、テレビ朝日系)、「緋の十字架」(05年、東海・フジ系)と挙げ、ほかにも多くのドラマ、映画、舞台に出演している竹財。

 「僕の演じる白浜に関しては、ミステリアスな部分が表現できたら。ちょっとした異物が出てきたなと思ってくださればうれしい」

 俳優としてますます脂が乗ってくる40代が始まった。

 出演は中尾ミエ、久本雅美、草村礼子、中田喜子、品川徹、草笛光子ら。(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ