PR

エンタメ エンタメ

東日本大震災から10年…民放NHK6局が防災プロジェクト

防災プロジェクトのタイトルロゴ
防災プロジェクトのタイトルロゴ

 東日本大震災から10年。民放キー局5局とNHKは、3月6日から31日まで防災プロジェクトを実施することになり10日、発表した。

 プロジェクトの目的は、未来の命を守るため、過去の経験から学び、明日へつなげること。あの体験を風化させず、次の世代へメッセージを伝える。

 共通のテーマ 「キオク、ともに未来へ。」のもと、各局がニュース企画やドキュメンタリー番組などを制作。企画開発から番組制作まで局の垣根を越え協力していく。

 例えば、震災関連の映像素材の共有や記者、アナウンサーらによる取材協力。また被災地の系列局と共に各局でVTRを制作し、放送する予定だ。

 フジは「わ・す・れ・な・い 10年間の全記録」(仮、3月11日後3・15)。これまで放送してきたシリーズで、今回は14の市町村を襲った津波を改めて検証。入手した200を超える映像にNHKなど各局の映像を加え、新たな証言も交えて津波の全容に迫る。ほかにスポーツ特別番組「希 Hope! スポーツがつなぐ未来 ~3.11あの日から10年~」(同13日後3・30)なども参加予定。

 NHKは「あしたの命を守りたい~NHK 民放 取材者たちの震災10年~」(同14日後1・50)を放送する。

 なお、各局で放送する番組は3月末までスマホ向けの無料配信アプリTVerでも配信する予定。プロジェクト期間中は日本赤十字社、中央共同募金会への募金を呼びかける。(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ