PR

エンタメ エンタメ

NHK元職員が在職中に約530万円の不正発注 転売目的か 懲戒免職相当の処分 

NHK放送センター
NHK放送センター

 NHKは5日、ノートパソコンなどを不正に発注して受け取っていたとして、報道局総務部の男性元職員(30)を懲戒免職相当の処分にすると発表した。元職員は昨年11月4日付で依願退職している。今回の処分のため、退職金は支給しない。

 NHKによると、元職員は在職中の去年9~10月、上司に無断で、取引先3社にノートパソコンやハードディスクなど35点(計529万4718円相当)を発注し、不正に受け取っていたという。転売目的だったとみられる。

 昨年11月下旬に、取引先のうち1社から「納品したノートパソコンなどの代金が未払いになっている」との問い合わせがあり、発覚した。

 元職員は聞き取り調査に応じず、弁済の意思も示していないといい、NHKはすでに警視庁に相談している。

 NHKは「職員としてあるまじき行為であり、厳しく対処すべきと判断した。視聴者の皆様に深くお詫びいたします。再発防止に向け、業務管理を一層徹底してまいります」とコメント。職員就業規則で、退職後であっても在職中の不正行為が発覚した場合には、退職者を懲戒扱いとする規定を設けており、今回が初めての適用ケースだという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ