PR

エンタメ エンタメ

月刊「映画秘宝」編集長、個人への「恫喝的メッセージ」を謝罪

 月刊映画誌「映画秘宝」(双葉社)は26日、編集長の岩田和明氏がツイッター上で同誌の公式アカウントを使って、一般の個人に向けて悪質なメッセージを直接送付していたとして謝罪した。被害者がこのメッセージを公開し、インターネット上で批判の声が上がっていた。

 岩田氏は17日、自分が出演したラジオ番組に対する意見を述べたツイートに対して腹を立て、自身が管理していた公式アカウントから、「(被害者のせいで)壊れそうなほど深く心が傷つき(中略)死にたいです」などと記したDM(ダイレクトメッセージ)を被害者に送付。25日に同アカウントで謝罪した。

 26日に「映画秘宝」制作の実務を行う合同会社オフィス秘宝の責任者らが連名で説明文を掲載。それによると岩田氏は、「小誌編集部に対する意見を書かれているツイートを拝見し、頭に血がのぼり、衝動的に攻撃的な内容のダイレクトメッセージを送った」と述べているという。

 責任者らは「雑誌という公共性を持ったメディアが個人に対して攻撃を加える行為を、断じて許せない行為だと考えます。深く謝罪を申し上げます」としている。さらに、岩田氏が被害者と直接電話で連絡を取ったことが記され、「謝罪のためとはいえ、被害者にとって暴力的な行為であり、それを未然に防ぐことのできなかった責任は編集部にあると考えております」と重ねて謝罪。今後、協議をし、岩田氏に厳正な処分を下すとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ