PR

エンタメ エンタメ

【話の肖像画】歌手・郷ひろみ(65)(10)学芸会で主役降板、トラウマに

 帰ってすぐにおふくろに頼み込んで、当時のパールのバレンシアという3点セットのドラムを買ってもらい、同じことをやってました。当然うちも音が漏れていたようですが…。とにかくあれでリズムが好きになった。もともとリズムが好きだったのかな。家計は大変でしたから、おふくろもやりくりに苦労したと思いますよ。

 唯一許してくれなかったのがバイクでした。アルバイトしてローンを組み、一切迷惑をかけないからと頼んだのだけど、「ダメ、原武家ではダメ、あんた死ぬよ」って。当時はヘルメットも義務化されていなかったし、車のシートベルトもなかった時代です。バイクはダメでしたね、どんなに頼んでも。それ以外は何とかかなえてくれましたけど…。でもおふくろの言う通りだったかもしれない。ツイている人はバイクでもケガだけで済むかもしれないけど、そうでない人は…。それって誰が決めるのかなって。今、生かされているんだなと思うと、何か人に対して優しくなれる気がしますね。(聞き手 清水満)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ