PR

エンタメ エンタメ

倉科カナ初出演 “できる鬼上司”をスカッと好演ほか2時間SP

華麗に“できる鬼上司”を演じた倉科カナ(C)フジテレビ
華麗に“できる鬼上司”を演じた倉科カナ(C)フジテレビ
その他の写真を見る(1/2枚)

 女優の倉科カナ(33)が11日放送のフジテレビ系「痛快TVスカッとジャパン 今年話題の人が新悪役SP」(後7・0、フジテレビ系)に初出演し“できる鬼上司”を好演する。

 また、Travis Japanの中村海人も初出演で松田元太とともに“神店員”に扮し、HiHi Jetsの作間龍斗も初登場で“胸キュンスカッと”に挑む。

 倉科は“スカッとドラマ”で「3秒以内に答えてください」「一度で覚えてください」などと部下にきつく要求する厳しい女性上司を演じる。これまで多くの部下が逃げ出したが、あることがきっかけでこの女性上司の本当の姿が明らかに。ラストは意外な展開が待っている。

 スタジオにも初めてやってきた倉科は自身の演技を見て「すごく変な汗をかいている」と照れつつも、「ムカッとボタンを押されるのも…複雑な心境になっちゃう」と苦笑いする。

 中村と松田は機転を利かせた“神対応”で子供たちを笑顔にする。作間と久間田琳加による、なぜかすれ違い続けた男女の学生時代の体験談ドラマが終わると、同局の木曜劇場「知ってるワイフ」(木曜後10・0)に出演中の広瀬アリスから思わず「嫉妬しちゃう」の声が。

 ほかに、MCの内村光良も「(グッと)来ますね」と絶賛した松平健による“ファミリースカッと”、“あるあるネタ”で注目される土佐兄弟の“あっという間スカッと”をはじめ、鷲見玲奈、松丸亮吾、丸山礼ら話題の人が続々登場する2時間スペシャルになっている。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ