PR

エンタメ エンタメ

ダブル主演の中村&瀬戸がリモート会見 日中同時配信ドラマ

「シンデレラはオンライン中!」の1シーン(C)フジテレビ
「シンデレラはオンライン中!」の1シーン(C)フジテレビ
その他の写真を見る(1/2枚)

 中国の人気小説・ドラマを日本でリメークした日中同時配信作品「シンデレラはオンライン中!」にダブル主演する中村里帆(21)と瀬戸利樹(25)がこのほど、都内でリモート会見を行った。

 恋を知らない平凡な女子大生・有沢一花(中村)とエリート男子の王子様・小野田朝陽(瀬戸)がオンラインゲームで出会い、現実と仮想世界の間で揺れ動くラブストーリー。

 2人は初のドラマ主演となり、中村は「恋愛ドラマオタクでラブコメの真ん中に立つのが夢だった。その夢がかなってうれしい」、瀬戸も「良い作品になるよう全力で頑張りました」と初々しい。

 ゲームシーンの映像などを見ながら印象に残っている場面の話で盛り上がり、特に思い出深い出来事を次のようにやり取りした。

 瀬戸「鍋を食べるシーン。味が辛い、普通と2種類あって僕は辛いのが苦手なのになぜか辛い方が近くにあってちょっと不満だった(笑)。でも演技中なのでかきこんだが…空き時間はくだらない話ばっかりしていた」

 中村「瀬戸さんから“ガサツ”と“ズボラ”の違いを説明されて“中村さんはガサツだよね”って言われた(笑)」

 瀬戸「えっ!? いや、僕の中でガサツは誉め言葉。ズボラは良くないけど、ガサツは良いと思う。ガサツは人に迷惑をかけないでリラックスできる人のこと。ズボラは人に汚くしているなって分かってしまう人。仲良くなったからこそ言えることなんです」

 劇中にはキスシーンもあった。マル秘エピソードは続く。

 瀬戸「プロデューサーにご指導いただいて、僕のキャパ以上のものは出せているなって。もう一つあった。撮影中、中村さんがチョコを食べていて、こんなに細いのにずっと食べていて、衣装でおなかを出すのにすごいなって(笑)」

 中村「その時はチョコにはまっていて、コンビニで買って撮影に行くという…1日3袋くらい食べていた」

 同世代の若い2人が楽しそうに会話していた。

 ドラマは、フジテレビが運営する動画配信サービス、FODと中国Alibabaが運営する動画共有サイト、YOUKUが共同制作する第4弾。全10話で、12日正午(中国は午前11時)から配信スタート。毎週火曜日正午に最新話が配信される。フジ地上波も同日深夜1時40分からスタート。その後、最新話は毎週火曜日深夜1時25分から放送される。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ