PR

エンタメ エンタメ

大倉忠義&広瀬アリス「知ってるワイフ」放送スタート

初共演で夫婦役の大倉忠義と広瀬アリス (C)フジテレビ
初共演で夫婦役の大倉忠義と広瀬アリス (C)フジテレビ

 7日スタートのフジテレビ系木曜劇場「知ってるワイフ」(木曜後10・0、初回15分拡大)に主演する大倉忠義(35)とヒロイン、広瀬アリス(26)が初回放送へ向け抱負を語った。

 韓国の有料ケーブルテレビチャンネルで2018年に放送された同名原作のドラマ化。夫婦関係に悩む主人公にタイムスリップという奇跡が起こり、それをきっかけに妻を入れ替えたことで“本当に大切なことは何か”を模索するファンタジーラブストーリーである。

 --いよいよ始まりますが、初回放送前の心境を教えてください

 大倉「昨年の夏から秋にかけて撮影していたので時間がたち何だか恥ずかしい思いでいっぱい(笑)」

 広瀬「コロナ禍の中で今、テレビをごらんになる方々が特に多いと思うので、テレビに出演する人間として頑張りたい。時間がたって改めて見ると私もちょっと恥ずかしかった」

 --1話の見どころをお願いします

 大倉「特に印象に残っているのはお互いの不満が爆発してケンカするシーン。僕が演じた元春はいい具合に腹が立つ(笑)。でも実際にはこういう男性は多いんじゃないかな。広瀬さん演じる澪はタイムスリップ前後でのギャップがすごい。恋人同士の時はかわいらしい子が、結婚して何年もたつと自分を怒鳴ってくる。元春も気遣いができなくなってくるので一方が悪いということではないが、奥さんに“おい!”と呼ばれ、ゴミ出しの日を確認するシーンで“今日だよね?”“はぁ?火曜だろ”と返された時にはビビった。僕は結婚していないので分からないが、リアルなやりとりなのかな」

 広瀬「女性陣からは“広瀬、よく言った!”と言っていただけるのではないかな。最近Twitterで、旦那さんに怒っている主婦の投稿を見ているが、1話の澪のせりふはまさにその方々を代弁している。放送が始まったらそんなみなさんの投稿に『知ってるワイフ』の話題も出てくるのかなと楽しみにしている」

 --撮影前に大倉さんは“広瀬さんがどのくらい罵倒してくれるのかM心がうずく”と冗談をおっしゃっていましたが…

 大倉「演技で意識することが多く、実際はM心どころではなかった(笑)」

 --最後に視聴者へメッセージをお願いします

 大倉「ご時世的に家族と過ごす時間が多い中で、距離感やバランスが崩れてくることもあると思うので、このドラマをごらんいただき“コロナ離婚”が減るといいな(笑)」

 広瀬「夫婦のリアルな距離感と問題が1話で描かれていて、そこから過去に戻って物語がスタート。共感していただきつつ、ファンタジーの要素もあるので、純粋にストーリーを楽しんでいただけたらうれしい」

 橋部敦子脚本。出演は松下洸平、川栄李奈、瀧本美織、生瀬勝久、片平なぎさら。(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ