PR

エンタメ エンタメ

“めざまし”第2部 年間平均視聴率3年連続で民放同時間帯トップ

メーンキャスターの三宅正治、永島優美アナウンサー(C)フジテレビ
メーンキャスターの三宅正治、永島優美アナウンサー(C)フジテレビ

 2020年の全番組年間視聴率が4日確定し、フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)第2部(前6・10)が3年連続で民放同時間帯視聴率1位を獲得した。

 平均個人全体視聴率4.7%、世帯視聴率8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。個人が最も高かったのは、昨年2月20日放送の5.7%。新型コロナウイルスの集団感染が起きた「ダイヤモンド・プリンセス」から下船する乗客の様子を伝えた。世帯は関東地方の降雪状況を伝えた同1月28日放送の10.7%だった。

 テレビの枠を超えた新たな試みとして昨年4月には番組公式YouTubeを開設。チャンネル登録数は10万9000人を突破。公式Twitterもフォロワー数が69万2000人(いずれも4日現在)を超えており好調。番組は4月から放送28年目に突入する。

 メーンキャスターの三宅正治、永島優美両アナウンサーは「たくさんのみなさまに見ていただき感謝しかない。コロナ禍という状況の中“視聴者に寄り添い、少しでも分かりやすく新しい情報を”という“めざましの信念”を貫いてきた。不安な日々が続いているが、少しでも充実した時間を過ごせるよう取り組んでまいります」とコメントした。(産経デジタル)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ