PR

エンタメ エンタメ

コメディアンの小松政夫さん死去「しらけ鳥音頭」など一世風靡 78歳

コメディアンの小松政夫さん=2019年2月26日、東京都渋谷区(三尾郁恵撮影)
コメディアンの小松政夫さん=2019年2月26日、東京都渋谷区(三尾郁恵撮影)

 「シャボン玉ホリデー」など多くのバラエティー番組で人気者となり、ヒット曲「しらけ鳥音頭」などのギャグで親しまれたコメディアンの小松政夫(こまつ・まさお=本名・松崎雅臣=まつざき・まさおみ)さんが7日、肝細胞がんのため死去した。78歳。葬儀は近親者で行った。喪主は妻、松崎朋子(まつざき・ともこ)さん。

 昭和17年、福岡市出身。タレントの植木等さんの運転手兼付き人となり、「シャボン玉ホリデー」に出演。コメディアンとしてデビューした。

 伊東四朗さんらと共演したバラエティー番組「みごろ!たべごろ!笑いごろ!!」では「電線音頭」「しらけ鳥音頭」がヒット。人間観察にも優れ、セールスマンやホステスの会話など身近な人からヒントを得た「どうかひとつ」「なが~い目で見てください」などのギャグや、映画解説者の淀川長治さんの物まねなどで人気を博した。

 俳優としても活躍し、映画「駅 STATION」、ドラマ「前略おふくろ様」などに出演した。日本喜劇人協会会長も務めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ