PR

エンタメ エンタメ

BSデジタル20年 ライバルはネット配信 魅力あるコンテンツ課題

その他の写真を見る(1/2枚)

 BSデジタル放送が1日、スタートから20年を迎えた。全国1波で同じ番組を見られるという地上波にない特色を持ち、地上デジタルテレビの普及とともに、この20年で視聴可能世帯も8割近くまで増えた。一方で、インターネットによる配信番組が増加し強力なライバルに。より高画質な「4K8K」時代の本格到来も見据えて、いっそう魅力あるコンテンツ作りが課題となっている。

潮目を変えた地上デジタルへの移行

 NHKと民放のBS各局がBSデジタル放送を開始したのは平成12年12月。デジタル化は周波数の利用効率を高めて多チャンネル化や高画質化が可能で、当時、世界的潮流となっていた。だが、多額の費用もかかるため、民放のBS各局は向き合い方に温度差もあったようだ。

 関係者によると、番組編成・制作に力を入れない“死んだふり作戦”で支出を抑える策に出ていた局も。一方で、BS朝日は「独自の大型ドキュメンタリーなど、地上波でできない番組作りに力を入れた」(有賀史英編成制作ビジネス部長)という。ところが「ご祝儀相場はスタートから半年で終わった」(同)。視聴者数があまりに少なかったのだ。

 総務省によると、当時の受信機の普及台数(推計)は200万台未満。「地上波で育ったテレビマンにとって、視聴者がいないのは初めての経験。スポンサー獲得も難しく赤字が続いた」と有賀氏は振り返る。

 潮目を変えたのは、23年の地上デジタル放送への移行だ。地デジテレビのほとんどはBSデジタルチューナーも内蔵していたため、5割に満たなかったBSデジタル視聴可能世帯が8割近くまで増加。移行前のテレビ買い替えで視聴者が増えたことで、19年度には民放BS全局が黒字となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ