PR

エンタメ エンタメ

【キネマのふるさと】(2)切磋琢磨 小津の青春時代

昭和37年当時の小津安二郎=都内
昭和37年当時の小津安二郎=都内
その他の写真を見る(1/2枚)

 世界中にファンを持つ日本映画の巨匠、小津安二郎(明治36~昭和38年)。監督した54作品のうち、デビュー作「懺悔(ざんげ)の刃(やいば)」から、自身初の音声付きのトーキー映画「一人息子」まで、36作品が松竹キネマ蒲田撮影所で撮影された。日本映画の黎明期に蒲田で映画作りを学んだ小津は、撮影所の大船移転、戦争体験などを経て、「小津調」とも呼ばれる独自の映画スタイルを築き上げていった。

×  ×  ×

 「小津にとって蒲田時代は、映画作りの青春だったといえます。ハリウッド作品にも学びつつ、自分の映画の文体を模索していた。若い仲間たちとともに映画づくりの面白さ、難しさを謳歌(おうか)した時代でした」

 そう語るのは、国立映画アーカイブ主任研究員の岡田秀則さん(52)。大正12年、撮影部の助手として蒲田撮影所に入所した小津は、その3年後に大久保忠素(ただもと)監督の助監督となる。

 小津が清水宏や斎藤寅次郎ら同世代の映画人と議論を交わし、切磋琢磨(せっさたくま)した当時の様子を、牛原虚彦(きよひこ)監督の回想が伝えている。

 「泊まりこみ編集のときこそが、みんなが徹底的に映画の議論をするチャンスでした。仕事をそっちのけにして、宿泊用の布団の上に車座になって映画を論じたのです。小津ちゃん(オッチャン)は皮肉な人ですから、よく先回りした質問をして僕をやりこめました」(佐藤忠男「小津安二郎の芸術 上」朝日新聞社)

 昭和2年に時代劇「懺悔の刃」で監督デビューを果たし、7年にはキネマ旬報ベスト・テン第1位に選ばれた「大人の見る繪本(えほん) 生れてはみたけれど」など、意欲的に作品を発表。日本初の本格的なトーキー映画「マダムと女房」(五所平之助監督)が公開された5年後の11年、小津はトーキー作品を発表した。

×  ×  ×

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ