PR

エンタメ エンタメ

NHKと民放が共同企画 震災10年を前に福島で 将来は災害報道で連携も視野  

会見後、横断幕を手に記念撮影に臨む福島テレビ・横山淳社長(右端)ら福島の5局のトップたち=9日、福島市(芹沢伸生撮影)
会見後、横断幕を手に記念撮影に臨む福島テレビ・横山淳社長(右端)ら福島の5局のトップたち=9日、福島市(芹沢伸生撮影)

 東日本大震災と東電福島第1原発事故から10年を迎える来年3月に向け、福島県内のテレビ5局が共同キャンペーンを行うことが決まり9日、福島市のNHK福島放送局で記者会見が開かれた。

 「福島 to 2021-あれからと、これからと→」と題し、局の垣根を越えて福島の夢を伝える。放送局が主体となり、NHK福島放送局と民放全局がキャンペーンに取り組むのは福島県では初めて。全国的にもあまり例がないという。

 震災10年まで4カ月となる今月11日から、5局のキャスター10人のメッセージスポットを放送。来年1、2月には、5局がそれぞれ取材した被災地のニュースを月~金曜日まで、毎日違う局で流す企画も。見る局が決まっている視聴者も、1週間で全5局のニュースに触れられる試みだ。

 今回のキャンペーンの狙いについて、ある関係者は「大規模災害報道での連携につなげるのが究極の目的」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ