PR

エンタメ エンタメ

映画「鬼滅の刃」 3日で46億円 土日興収は歴代最高

アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開初日を迎えた映画館=16日午前、東京都新宿区
アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開初日を迎えた映画館=16日午前、東京都新宿区

 アニメーション映画「劇場版『鬼滅(きめつ)の刃(やいば)』 無限列車編」の興行収入が、公開から最初の3日間(16~18日)だけで46億円を超えたと19日、配給元の東宝などが発表した。観客動員数は342万人。

 3日間のうち金曜日の16日が12・7億円(動員91万人)、17、18日の土、日曜日が計33・5億円(251万人)で、平日と土日の過去最高を記録した。映画の興行成績を調べる興行通信社(東京)によると、土日のこれまでの最高は、「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」の16億円(148万人)だった。

 全国403館で上映と、公開規模も例を見ないものとなっている。

 今年公開映画の興収は、50億円を超えた「今日から俺は!! 劇場版」がトップだが、これを今週末にも超えそうな勢いだ。興収の国内歴代トップは、「千と千尋(ちひろ)の神隠し」の308億円。

 コロナ禍で一時休業を余儀なくされ、営業再開後もハリウッド大作などの公開が相次ぎ延期になっている日本の映画業界にとって、久しぶりに明るい話題となっている。

 「鬼滅の刃」は、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの漫画が原作。テレビアニメから人気に火がつき、漫画の単行本の発行部数は、累計1億部(電子版を含む)を超えている。映画化は、これが初めて。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ