PR

エンタメ エンタメ

松竹、コロナで赤字94億円 映画座席減、公演中止響く

 松竹が15日発表した令和2年8月中間連結決算は最終損益が94億円の赤字(前年同期は20億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルスの感染拡大で映画館の座席販売数を絞ったり、歌舞伎座の公演中止が続いたりしたことが響いた。売上高は前年同期比60・8%減の197億円だった。

 8月公開のホラー映画「事故物件 恐い間取り」など好評の作品もあったが、映画館の座席の使用を半減するといった感染対策で入場を制限した。歌舞伎座の公演は7月まで中止となり、市川海老蔵さんの「十三代目市川團十郎白猿襲名披露興行」が延期となった。

 3年2月期の連結業績予想も同日発表し、最終損益を175億円の赤字(前期は24億円の黒字)と見込んだ。集客を伴う事業に関し「需要の本格的な回復には時間を要する」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ