PR

エンタメ エンタメ

新川優愛“脱力タイムズ”初出演 笑い上戸なのに…

「ビジュアル的に珍しい眼鏡姿も楽しんでいただけたら」と新川優愛 (C)フジテレビ
「ビジュアル的に珍しい眼鏡姿も楽しんでいただけたら」と新川優愛 (C)フジテレビ

 女優の新川優愛(26)が、16日放送の「全力!脱力タイムズ」(金曜後11・0、フジテレビ系)に初出演する。

 オープニングでは、お笑い芸人の高橋茂雄(サバンナ)にいきなり「謎解きクイズを作ってきた」と言い出し、クイズ好きの高橋が挑戦するが、なぜか作った問題を「家に忘れてきた」と。メーンキャスターのアリタ哲平(くりぃむしちゅー・有田哲平)の提案で、高橋は何も出題されないままクイズの答えだけを言わされることに…。今回も波乱の幕開けとなる。

 特集テーマは「国民の疑問」。解説員の齋藤孝、森井じゅん、出口保行の3人が丁寧に答えていくが、新川は“心ここにあらず”。番組はカオスな光景となり、高橋が必死にツッコミどころを探していると、ぼんやりしていた新川が突然、現状を的確に分析し始める。

 「バラエティー番組なのにきちんと台本があるし、笑ったらダメですし(笑)」と緊張の中参加した新川だが、笑い上戸のようで「今日はいつもよりもひどかったかも(笑)。そもそも、普段ドラマの撮影では、“笑いをこらえる”ということはあっても、面白い状況の中で笑いをこらえるっていうことはそんなにないですから」と持論を展開!? 「もっと笑わずにせりふが言えたらシュールな空気感を作り上げることができたんじゃないかな」と反省もした。

 最後は、真面目に「特集は本当にためになると思う。コロナ禍の不景気の話だったり、5Gの話だったり…。報道100%ではない、バラエティー100%でもない番組だからこその難しくない解説になっていると思うので、ぜひ聞いていただきたい」と話した。

 新川は、17日スタートの真矢ミキ主演によるオトナの土ドラ「さくらの親子丼」(東海テレビ・フジ系)第3シリーズに出演する。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ