PR

エンタメ エンタメ

横浜流星“スカッと”スタジオ初登場 7年目突入で新シリーズも

初のスタジオ収録を楽しむ横浜流星(C)フジテレビ
初のスタジオ収録を楽しむ横浜流星(C)フジテレビ

 俳優の横浜流星(24)が、12日放送のフジテレビ系人気番組「痛快TV スカッとジャパン」(月曜後8・0)でスタジオ初出演する。

 流星はこれまで「胸キュンスカッと」「神店員スカッと」などのショートドラマに出演してきたが、スタジオに来るのは初。MCの内村光良から思い出に残っているショートドラマを聞かれ、「(2016年の)27時間テレビでの生放送」と流星。当時の貴重な映像も紹介する。

 また「横浜流星の“ウソ”を見抜け!ウソつき3択スカッと」と題して3択クイズを出題。流星が「大好きなもの」を3つ(カルビ、サウナ、壁)プレゼンするが、実は1つだけが大好きで、残りの2つは苦手だという。さて、流星が本当に大好きなものは?

 番組は放送7年目に突入し、新シリーズが続々登場。飯尾和樹(ずん)がスカッとドラマに初出演し「テキトー店長!」で“いい加減すぎる無責任店長”を好演する。

 さらに山村紅葉、高橋由美子、秋元才加による「どっちが悪いか大激論!悪いと思った方に言ってやったスカッと」、毒蝮三太夫、津田寛治による「気まずい空気を和ませる!ユーモアじいさん」などを紹介する。

 スタジオゲストは、ほかに初出演の阿佐ヶ谷姉妹はじめ、陣内智則、長嶋一茂ら。(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ