PR

エンタメ エンタメ

長谷川京子×木村多江×貫地谷しほり シングルマザー役で豪華競演

奮闘するシングルマザー役の長谷川京子(中央)、木村多江(左)、貫地谷しほり (C)フジテレビ
奮闘するシングルマザー役の長谷川京子(中央)、木村多江(左)、貫地谷しほり (C)フジテレビ

 女優の長谷川京子(42)、木村多江(49)、貫地谷しほり(34)が、10月1日放送のフジテレビ系「3人のシングルマザー~すてきな人生逆転物語~」(後9・0)で競演する。

 孤独、葛藤、貧困…苦境に立たされた3人のシングルマザーが、あるきっかけから人生を好転させた奇跡のような実話をオムニバス形式で描く。

 「おかんのために」に出演する長谷川は、働きながら2人の子供を育てる前原真弓を演じる。「あんたらがやりたいことはお母ちゃんがかなえたる」と野球を始める息子の背中を押す。甲子園で優勝の夢を持つ息子は、強豪校の大阪桐蔭へ進学。その矢先、原因不明の病が見つかる。医師から「命のために野球はあきらめて」と言われるが、息子の決意は固く、夢を応援すると決めた真弓の心は揺れ動く。

 私生活では夫のポルノグラフィティ・新藤晴一との間に一男一女をもうけており「お子さんが2人いらっしゃったり、息子が野球をやっていたりなど共通点があったので、もし自分の息子が病気になってしまったら息子のやりたいことを諦めさせるのかどうするのか、考えさせられた」と役柄と重ね合わせる。

 大阪弁で“日本一のサポーター”となるパワフルな母親役。「子育てに正解不正解はないと思う。リスクを持っても子供がやりたいと思うことを応援するのか、先回りしてリスクを回避するのか。私は真弓さんと同じ前者。しかし、そこに正解はないので、そういう部分も子供を持つ親御さんたちに見ていただいてどう感じるかを私自身も知りたい」と含蓄のあるコメントを残した。

 「東大とグリーンカレー」の木村は、息子2人を東大合格に導く水川早苗を演じる。「心が折れてしまいそうなとき、そこから一歩、また一歩と脆さに揺れながら希望を見出す温かい家族の物語」と木村。

 「夢をかなえる手帳」の貫地谷は、かけがえのない息子のために数千円の貯金から年商1億の大ヒット商品を生み出した須藤美鈴役で「母親になったことはないので本当の意味で理解が追いついているかは分からないが、親が子を、子が親を思う気持ちはいつの時代も変わらないのかなと思う」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ