PR

エンタメ エンタメ

第36回ATP賞、BSフジのドキュメンタリーが授賞

 テレビ番組をはじめとする映像コンテンツのつくり手が審査員となって優れた作品を選ぶATP賞の第36回受賞作品が発表された。ドキュメンタリー部門の最優秀賞に、BSフジサンデースペシャル ザ・ノンフィクション特別編「おじさん、ありがとう ~子供たちへ…熱血和尚の遺言~」(製作・バンエイト/放送・BSフジ)が選ばれた。

 同賞は昭和59年、一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟(ATP)によって創設された。今回は平成31年4月1日から令和2年3月31日に放送・配信されたコンテンツが対象で、応募作品は157作品。

 ドキュメンタリー部門以外の最優秀賞受賞作品は、情報・バラエティ部門が「オオカミちゃんには騙(だま)されない」(製作・テレビマンユニオン/放送・AbemaTV)、ドラマ部門がドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」(製作・Aoi Pro./放送・テレビ東京/配信・NTTぷらら、Paravi)だった。この中からグランプリが選ばれ、10月22日開催予定の授賞式の中で発表される。

 また、製作者からの敬意と感謝を込めて、3月末に亡くなった志村けん(享年70)に特別賞が贈られることも発表された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ