PR

エンタメ エンタメ

「エンタメ界変えていきたい」 IMYの尾上松也 思い熱く 

「歌舞伎以外の活動を通じて歌舞伎に恩返しできたら」と語る尾上松也=東京都渋谷区(酒巻俊介撮影)
「歌舞伎以外の活動を通じて歌舞伎に恩返しできたら」と語る尾上松也=東京都渋谷区(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ミュージカルや歌舞伎といった日本のエンターテインメントの最前線で活躍する3人の俳優、山崎育三郎(やまざき・いくさぶろう)(34)、尾上松也(おのえ・まつや)(35)、城田優(しろた・ゆう)(34)が立ち上げたプロジェクト「IMY(あいまい)」が10月10日、2度目となるコンサート「IMY歌謡祭」を東京国際フォーラムホールAで開催する。ドラマ「半沢直樹」などでも活躍する尾上に、プロジェクトが目指すものや意気込みを聞いた。(道丸摩耶)

音楽ユニットではない

 「IMY」の由来は、育三郎(I)、松也(M)、優(Y)というメンバーの名前の頭文字をつなげたもの。3人は、平成27年のミュージカル「エリザベート」で共演。「一緒にご飯を食べながら今のエンターテインメント界やミュージカル界について、思うことや変えていきたいことを話し合ううちに、方向性が合うことに気づいた」と尾上は振り返る。意気投合した3人は、いつか一緒にプロジェクトをやりたいと話していたという。

 そんな青写真が動き出したのは昨年のことだ。「今までにない新しい日本のミュージカルや演劇を作り出したい」と昨年4月、「IMY旗揚げコンサート ~まだ色々(いろいろ)曖昧なトリオの明確な門出~」を東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催。コンサートと銘打っているものの、トークや芝居も交えた多彩な内容となった。

 「もともと1回で終わるつもりはなかった。3人が何かしようとしていることを忘れないでもらうためにも、今年2月に次のコンサートを企画した」(尾上)が、新型コロナウイルスの影響で中止に。今年の開催は諦めていたところに、仕切り直しが決まった。

 「コンサートと言っておいてなんですが、IMYは音楽ユニットじゃないんです(笑)。基本的には演劇チームのつもり。ただ、3人ともオリジナルで何かを作る時間がなかなかなく、集まるのも大変で…」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ