PR

エンタメ エンタメ

銀獅子賞に蒼井優さん「興奮、感動」、高橋一生さん「最高の体験」

イタリアとオンラインで結んで東京からベネチア国際映画祭の記者会見を行った映画「スパイの妻」の黒沢清監督、蒼井優さん、高橋一生さん(右から)=9月9日、東京都港区(石井健・撮影)
イタリアとオンラインで結んで東京からベネチア国際映画祭の記者会見を行った映画「スパイの妻」の黒沢清監督、蒼井優さん、高橋一生さん(右から)=9月9日、東京都港区(石井健・撮影)

 イタリアのベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に選ばれた黒沢清監督の「スパイの妻」に出演している女優、蒼井優さんと俳優、高橋一生さんが13日、コメントを発表し、黒沢監督の受賞に祝意を伝えた。

蒼井優さん「銀獅子賞受賞おめでとうございます。(ベネチアの会場でプレゼンターを務めた女優)ケイト・ブランシェットさんから監督のお名前が呼ばれた瞬間、現場の片隅で、モニターを静かに並んで見つめられていた、監督と奥さまの後ろ姿を思い出しました。たくさんの映画仲間から連絡が入り、みんなとても興奮し、感動し、喜んでいます。黒沢監督、本当におめでとうございます。これからも監督の映画を楽しみにしています」

高橋一生さん「ベネチア国際映画祭監督賞受賞、心からお祝い申し上げます。この作品が世界で評価されることをうれしく思います。黒沢監督のもと、あの空間、あのスタッフ、キャストとともに作品を作り上げていく時間は、最高の体験でした。これからも素晴らしい作品を楽しみにしております。おめでとうございます」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ