PR

エンタメ エンタメ

サンドウィッチマンが送るコント番組 アンジャッシュ児嶋の“相方候補”探しも

“相方候補”探しコントの児嶋一哉(左)と伊達みきお(中央)ら(C)フジテレビ
“相方候補”探しコントの児嶋一哉(左)と伊達みきお(中央)ら(C)フジテレビ
その他の写真を見る(1/2枚)

 「フジテレビのコント番組を見て芸人を目指した」というサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)が中心となって本気コントを届ける土曜プレミアム「ただ今、コント中。」が29日午後9時から放送される。

 サンドウィッチマンが信頼する実力派芸人、第7世代芸人、女優たちが集結。注目コントの一つが、児嶋一哉(アンジャッシュ)のための“相方候補”探し。児嶋は「コンビ、解消していないぞ」と言いながらも、マネジャー役の伊達らが連れてくる相方候補と絡んでいく。相性のいい相方は見つかるのか。

 「アドレナリンが出た」という児嶋は収録後、「事前に聞かされていない部分があって、僕が動揺しているところもある」と苦笑い。「もし僕のことを心配してくれている人がいるとしたら、番組を通して“児嶋は元気にやっていますよ”というのが伝わると思う」と照れ、サンドウィッチマンやバイきんぐとの初コントを楽しんだ。

 そのほか、福田麻貴(3時のヒロイン)演じる女子高生が、会社を辞めYouTuberになった父(富澤)と母(かまいたちの山内健司)に翻弄されるファミリーコント、松井玲奈と濱家隆一(かまいたち)演じるカップルが、インターフォン越しに次々と現れる謎の訪問者の対応に追われるコントなどが披露される。

 また、令和になって話題の“レンタルなんもしない人”から、番組ではコント「レンタルなんでもツッコむ人」が誕生。ボケまくる客に対し、伊達らがどんなツッコみを入れるのか。

 取材に応じたサンドウィッチマンの2人は番組を次のように振り返った。

 伊達「手応えしかない。お笑いの仕事をやっているなという感じで、すごく楽しい」

 富澤「豪華なメンツがそろってうれしい」

 伊達「実は“コント番組をやりたい”とわれわれが発信していて、それをフジテレビさんがのんでくださった。番組名が危うく『コントウィッチマン』になりかけて全責任を負わされそうになった(笑)」

 富澤「危なかった(笑)」

 伊達「われわれはテレビでコントを見てきた世代なので、これを見て“お笑いやってみたいな”なんて思ってくれる人が出てきたらいい。われわれが思ったように、ね」

 富澤「偉い人に“社運がかかっている”なんて言われたが、こっちはそんなつもりない(笑)。こんな時代なので楽しんでもらえたらいい」

 伊達「“お笑い番組といえばフジ”。そのフジがコント番組を作るというのがでかい」

 富澤「初めてコントをやるアイドルや女優さんもいて、僕らおじさんたちとどういう化学反応になるか、もしくは何も起きないのか(笑)。そのあたりも確認してほしい」

 伊達「アドリブも満載。楽しみにしていただければ」

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ