PR

エンタメ エンタメ

白石聖が「リング」の中田秀夫演出で連ドラ初主演、初ホラー

初ホラーで連ドラに初主演する白石聖 (C)東海テレビ
初ホラーで連ドラに初主演する白石聖 (C)東海テレビ

 女優の白石聖(21)が8月29日スタートのオトナの土ドラ「恐怖新聞」(土曜後11・40、東海テレビ・フジテレビ系)で連続ドラマに初主演、初のホラーに挑む。

 呪いのビデオを見たら1週間後に必ず死ぬという“元祖・ルール系ホラー”である映画「リング」で世界中を震撼させた中田秀夫監督が、1970年代にオカルトブームの火付け役となったつのだじろう氏によるオカルト漫画の金字塔「恐怖新聞」を原作として新たな作品を世に出す。

 読んだら、死ぬー。主人公の小野田詩弦(しづる、白石)は京都市内の大学に通う女子大生。念願の一人暮らしを始めた途端に恐怖新聞が届くようになり、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こり始める。恐怖新聞は1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まるのだ…。

 白石は「撮影は楽しみにしていたが、台本を読み進めるうちに“次のページに何が起こるんだろう…あ~、やっぱり~、どんどんそんな方向にいっちゃうじゃん”みたいな“止まらない負の連鎖”で気分が沈んだ(笑)。原作より恐怖感が強い」と語る。

 詩弦については「会話のキャッチボールをしっかりやっていきたい。また、見ている方が私と一緒に驚いてもらえるように息遣いや表情を意識することでホラー表現の引き出しを作っていきたい」と次々と意欲を見せ、撮影の舞台となっている京都も引き合いに出し「日本の古き良き建物の外観や風景がホラーとの親和性を生んでくれたらより面白い作品になるのでは…」と話す。

 中田監督からは「夜遅い時間帯なので、すっきりとした分かりやすい芝居をしましょう」とアドバイスされているそうで、「指示が的確で“ついていこう”という感じ。詩弦が“存在している意味は何だろう”と葛藤しながら成長していく姿は見どころの一つ。“毎週怖いけど、何か見ちゃうんだよなぁ”と言われるような作品にしていきたい」と白石は力を込めた。

 中田監督も「彼女の持つ透明感、清楚さを大事にしつつ、その身に降りかかる“恐怖新聞の底知れぬ謎と災厄”に立ち向かう芯の強さを表現していただければ」と期待を寄せる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ