PR

エンタメ エンタメ

安斉かれん「眼鏡かける番組、絶対楽しいじゃん(笑)」

ニコリともせず眼鏡姿を披露した安斉かれん (C)フジテレビ
ニコリともせず眼鏡姿を披露した安斉かれん (C)フジテレビ

 今年4月からテレビ朝日系で放送された「M 愛すべき人がいて」で“アユ”を演じ、ドラマ初主演した歌手の安斉かれん(20)が、24日放送の「全力!脱力タイムズ」(金曜後11・0、フジテレビ系)に初出演する。

 昨年デビューしたばかりの安斉は、ニューシングル「僕らは強くなれる。」を22日にリリース。オープニングでは「芸能界のことがまだよく分からない」といい、日頃疑問に感じていることを同じくゲストとして隣に座る先輩芸能人の濱口優(よゐこ)に聞く。最初は親切に答えていた濱口だが、勉強熱心な安斉の質問攻勢に翻弄され始め、メーンキャスターのアリタ哲平(くりぃむしちゅー・有田哲平)から「変なことを教えないでくださいよ」と注意されてしまう。

 今回の特集のテーマは「注目の複業を徹底解剖」。そこで全力解説員の吉川美代子らが自身のスキルを教えるオンライン授業の講師を務める。「上品な話し方講座」に続き、安斉はアリタと濱口の勧めで「上手な歌の歌い方講座」の先生役を体験することに。しかし「歌が上手くなりたい」と集まった生徒たちの真剣な態度とは裏腹に“安斉先生”は意外すぎるアドバイスを連発していく。

 出演オファーのときに「“あっ、あの眼鏡かける番組だ”って。“絶対楽しいじゃん”って(笑)。ただ、私はこれまでバラエティーにほとんど出たことがなくて、しかもこんなにしっかり台本があるのは初めてなのですごく緊張した」と安斉。笑いをこらえるのに必死だったようで「いっぱい我慢した。特にリモートで歌い方を教えるところは本当にヤバかった」と笑う。

 「M」の経験は生かされた? ちょっと意地悪な質問には「え~、何かもう全然違うから…(笑)。役に成り切ってせりふを言うことは結構慣れてきたかなと思うけど、今回は素の自分としてせりふをしゃべらなきゃいけないから難しかった」と答え、番組のみどころについては「私、わりといつもヘラヘラしてるので(笑)、真面目に話しているところを見たことがないっていう人も多いと思う。真剣な顔もぜひ見ていただければ」と話していた。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ