PR

エンタメ エンタメ

休演続く歌舞伎俳優 オンライン興行で独自コンテンツ次々

 YouTubeに進出した歌舞伎俳優もいる。中村壱太郎さん(29)もその一人だ。「自分は立ち止まっていられない性格。仕事がなくなって、何かしなきゃと思った」と話す。

 アルバイトにもいくつか応募したが、やはり情熱は表現活動に向かった。「歌舞伎役者はブランドに守られているところがある。自分で動いて、何かを作りたかった」と、5月22日にYouTubeチャンネル「かずたろう歌舞伎クリエイション」を開設した。

 このチャンネルのために創作された舞踊のほか、化粧の仕方や衣装の着付けなど、普段は見られない裏側も公開。すでにチャンネル登録者数は4千人以上、再生回数が2万回を超える動画もある。「これで食べていけるとは思っていないが、地道に歌舞伎や日本舞踊ファンを増やしていけたら」と意気込む。

 チャンネルのほか、通常の歌舞伎公演では実現が難しい映像作品の配信の可能性も探っているといい、「プロジェクトはいろいろ動いている。動画制作で得た経験を、舞台にも生かしていきたい」と前向きに笑った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ