PR

エンタメ エンタメ

【動画あり】英ザ・キングズ・シンガーズが希望のメッセージ 「いつの日か」と動画で歌う

ザ・キングズ・シンガーズ (c)Rebecca Reid
ザ・キングズ・シンガーズ (c)Rebecca Reid
その他の写真を見る(1/2枚)

 英王室とゆかりが深く、「アカペラの王様」と呼ばれる英国の「ザ・キングズ・シンガーズ」(TKS)が、新型コロナウイルスの影が世界に重くのしかかる中、日本と世界のファンに希望のメッセージを動画で寄せた。

 6人の男声ボーカルからなるTKSは昨夏、日本の「令和」の到来を祝うため来日し、一夜だけの特別奉祝演奏会を開催。演奏会には、高円宮妃久子さまが臨席し、観客とともに美しいハーモニーを堪能した。TKSはその後も、世界で演奏活動を続けていたが、今回のコロナ禍で、コンサート活動を停止、基本、自宅待機を続けている。

 経済再開の動きは英国でもあるものの、コンサート活動の再開にはまだいたっていない。

 TKSのテナーで、日本人の母を持つジュリアン・グレゴリーさんが5月、英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」に英語と日本語でメッセージを寄せた。

 グレゴリーさんは、世界の人々が先の見えない不安に陥っており、「世界のハーモニーが一時的になくなってしまったような気がします」と指摘。TKSが、それでも新たなハーモニーを見つけようと、日本や世界の作曲家に新曲の作曲を依頼していることを明らかにした。

 そのうえで、「今年10月に予定されている『ファインディング・ハーモニー・イン・ジャパン』来日公演では、それらの新曲もお披露目することができる」と語り、秋の来日公演を楽しみにしていると強調した。

 さらに、「お互いをいたわり、協力すれば、必ずやこの恐ろしい敵に打ち勝ち、世界の健康とハーモニーを取り戻すことができます。希望は決してついえることはありません」と訴えた。

 最後に、希望のメッセージを込めた「ワン・デイ(いつの日か)」(ミシェル・ルグラン作曲、リチャード・ベネット編曲)を歌い、美しいハーモニーを披露した。TKSの動画メッセージと歌は、ここから視聴できる。

(JAPAN Forward編集部)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ