PR

エンタメ エンタメ

「現状の支援では継続困難」松竹・東宝・劇団四季など調査

公演中止が続く東京・歌舞伎座
公演中止が続く東京・歌舞伎座

 新型コロナウイルスの感染拡大で、公演の延期や中止が続く演劇業界で、苦境を打開しようと「緊急事態舞台芸術ネットワーク」が発足。窮状を訴える緊急アンケート結果を発表した。

 ネットワークには、松竹や東宝、劇団四季などの企画・製作会社、劇場運営会社、東京芸術劇場など公共劇場ら約40団体が参加。公演再開へ向けた道筋をさぐりながら、支援策の提供、支援したい人たちへの参加方法などを呼び掛ける。

 アンケートは、4月10日以前に中止・延期を決めた5月末までの公演を対象に実施。数万人から数十万人を動員する規模の演劇イベントを主催する16団体のうち、6団体が「現状の支援策だけでは事業継続が困難」などと回答。2団体が「30億円以上」の損失を出しているとした。照明などを担うスタッフ会社も、6社のうち3社が「半年から1年以内に事業継続が困難になる」などと回答した。

 「年内の興行が難しければ、会社休眠か倒産は致し方ない」とコメントする社もあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ