PR

エンタメ エンタメ

音楽関係者9割「仕事7割以上なくなった」 コロナ影響アンケート

 音楽関係者を対象にしたアンケートで、回答者の9割が新型コロナウイルスの感染拡大で仕事の7割以上を失っていることが分かった。

■54%が「収入なくなった」

 アンケートは、軽音楽を学術的に研究する日本ポピュラー音楽学会(JASPM、会長・井上貴子大東文化大学教授)が、演奏家、音響技術者など幅広く「音楽に仕事として関わる個人」を対象に4月9~16日にオンライン上で実施(有効回答数895件)。回答者は30~50代が78・5%。男性が70・5%。

 「3~5月の仕事の数はどのぐらい影響を受けたか」という質問には、「7~9割なくなった」が43・5%、「全てなくなった」が43・1%で、計86・6%が7割以上の仕事を失ったと答えた。

 その結果、収入が「見込みより約9割減(ほぼゼロ)」が35・1%、「見込みよりも10割減」も19・4%で、過半数の54・5%は収入がほぼ、もしくは全くなくなったと回答した。

■「転職を…」「収入1万円」

 「転職を考えている」(40代の舞台監督)、「3~7月分の2千万円の仕事を失った」(40代の制作会社代表)、「3月以降の収入は1万円」(40代女性ジャズ演奏家)など、窮状を訴える声も多数寄せられた。

 「新型コロナウイルスと音楽産業JASPM緊急調査プロジェクト2020」を発足したJASPMは、「短期間の調査で900人近い回答を得たことが事態の深刻さを表している」と受け止め、調査を継続し、対策を検討するために結果を随時発表し、問題を共有したいとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ