PR

エンタメ エンタメ

「今日の放送乗り越えれば…」 テレ朝、富川アナのコロナ感染判明の経緯明らかに

テレビ朝日の富川悠太アナウンサー
テレビ朝日の富川悠太アナウンサー

 テレビ朝日は15日、ニュース番組「報道ステーション」の中で、新型コロナウイルス感染が判明した富川悠太アナウンサー(43)が陽性と確認されるまでの詳細な経緯を明らかにした。

 番組によると、富川アナは3日の起床後に38度の発熱、4日も起床直後に発熱があったため、家族が東京都の相談窓口に電話。「それだけではコロナの症状とはいえない。様子をみるように」と言われ、チーフプロデューサーにラインで「明日様子を見て受診を考える」などと連絡したという。しかし、翌5日は体調に問題はなく受診はしなかった。

 再び体調に異変があったのは7日の放送中。たんがからむ症状が出て、8日の放送後には階段を上る際に息切れを感じるようになった。9日昼には再度、チーフプロデューサーにラインで「体温は平熱で倦怠感や味覚嗅覚の異常等もなくどう判断してよいものか」「きょうの放送を乗り越えれば休むことができる」などと連絡していた。

 9日夜の放送中にも息切れの症状があったため、10日に都内の病院を受診し、肺炎と診断された。11日にPCR検査が行われ、同日夜に陽性と確認された。

 富川アナは番組にコメントを寄せ、「すぐに平熱になったことから発熱を軽視してしまい、上司や会社に的確に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」などと謝罪。「3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」と説明した。

 なお、15日の報道ステーションでは、富川アナがラインで報告をしたチーフプロデューサーと番組スタッフの2人が新型コロナウイルスに感染したことも公表された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ